A.
 
目が合った瞬間に恋に落ちた。

星の降る夜に、

きっとこれは運命。
そんな事を信じられるくらい、あなたに夢中。
 

純粋に、グロテスクに、愛している。
 
 
きっとこれは永遠。
最初で、最後の恋。

 
 
B.

私の中には赤い髪をした少女と青い髪の天使がいる。
 

何も見えない、周りは関係ない、
好きならそれでいい、一緒にいたらいい。なんでダメ?
 

人を好きになる事で出てくる熱量は大きくて、素直で、
何でもできると錯覚するくらいパワーがあります。
 

惹かれあい、愛し合う二人を見ながら、
物語をキャンバスの中に切り取りました。
 
邪魔のない幸せな世界は願望に近いかもしれません。
 
二人がずっと幸せであることを願って。